HOME > 活動のご紹介 > 役職員や組合員の研修 > 社会福祉問題研修会を開催しました

社会福祉問題研修会を開催しました

7月25日(水)、大阪府社会福祉会館にて、2018年度「社会福祉問題研修会」を開催しました。7会員生協等から53名が参加しました。

今年度の研修会は、豊中市社会福祉協議会 福祉推進室長の勝部麗子様をお招きし、豊中市におけるコミュニティソーシャルワーカー(CSW)としての実践を、「全てのことは孤立化からはじまる」とし、地域で孤立化させないための、個別訪問・ローラー作戦、空き家を使ったサロン、何でも相談、食事サービス、男性の参加促進の取り組みとして野菜作り・豊中あぐり、マンションサミット、子どもの居場所づくり、福祉便利屋事業など、多種多彩な活動事例について、「一人もとりこぼさない」「全ての人に居場所と役割を」「支えられた人が支え手に」「排除から包摂へ」を大切に取り組んでいることなどについてお話いただきました。
7月25日(水)、大阪府社会福祉会館にて、2018年度「社会福祉問題研修会」を開催しました。7会員生協等から53名が参加しました。

今年度の研修会は、豊中市社会福祉協議会 福祉推進室長の勝部麗子様をお招きし、豊中市におけるコミュニティソーシャルワーカー(CSW)としての実践を、「全てのことは孤立化からはじまる」とし、地域で孤立化させないための、個別訪問・ローラー作戦、空き家を使ったサロン、何でも相談、食事サービス、男性の参加促進の取り組みとして野菜作り・豊中あぐり、マンションサミット、子どもの居場所づくり、福祉便利屋事業など、多種多彩な活動事例について、「一人もとりこぼさない」「全ての人に居場所と役割を」「支えられた人が支え手に」「排除から包摂へ」を大切に取り組んでいることなどについてお話いただきました。