熊本地震支援活動 「映画会」でたこ焼きしました

 熊本地震の被災者支援活動として、日本生協連・笑顔とどけ隊、生協くまもと、熊本県生協連が共同で開催した「映画会」に、会員生協の組合員ボランティアと参加し、生協くまもと組合員ボランティアの方と一緒にたこ焼きを行いました。
 この映画会は、8 月に西原村で実施され、たいへん好評だったことを受け、第2 弾として、今回は12月3 日(土)・4 日(日)に益城町で開催されました。益城町教育委員会と益城町社会福祉協議会にご後援を、熊本県興行組合、熊本映画センター、みやこ映画生協にご協力いただき実施されました。
 12月3 日は益城町健康福祉センター「はぴねす」で、4 日は益城町で最大規模の仮設住宅「益城町テクノ仮設団地」の新築された大集会室「みんなの家」にて開催し、子ども向け映画「カンフーパンダ」と一般向け映画「男はつらいよ 私の寅さん」を上映。また、ジャズシンガーの冴理さんによるライブや子ども向けゲーム等も行われました。たこ焼きは、午前中の子ども向け企画に合わせて実施しました。両日ともたくさんの方に来場いただき、3 日は332パック( 1 パック6 個入り)、4 日は353パック(同)提供し、あつあつで、トロトロの本場大阪のたこ焼きが大好評でした。
 今後もサロン等で使っていただけるように、カセットコンロ式たこ焼き器を10台、生協くまもとに寄贈いたしました。


写真

写真
12月3 日健康福祉センター「はぴねす」

写真

写真

写真
12月4 日益城町テクノ仮設団地

写真